このブログを検索

2018年6月19日火曜日

6月のギャラリー 水彩画 光彩の会

 
梅雨の季節になりました。。。
     
    市之倉公民館 6月のギャラリーは《光彩の会》の水彩画を展示しています。
 






 
 
ぜひ公民館へ見にいらしてください。(k)



2018年6月16日土曜日

公民館にかわいいお客様

市之倉小学校の2年1組の児童31名が、生活科の授業「町たんけん」で市之倉公民館の見学に来てくれました。


大ホールでは、サークル「のびのびクラブ」が体操をしていました。


指導にあたっている深尾先生は、ラジオ体操の1級指導員でもあります。


のびのびクラブのメンバーと一緒に正しいラジオ体操のフォームを習いました。








その後、公民館の施設を利用している方々の様子も見学しながら、館内を回っていきました。


子どもたちは、興味津々で熱心に探検カードにメモしたり、積極的に質問をしてくれました。


「市之倉公民館の図書室には、どれだけの本がありますか?全部でいくらしましたか?」
「毎日どのくらいの人が利用していますか?」


予期せぬ質問もありましたが、丁寧に答えていきました。


「え~!すごい!」「そうなんだ~。」と、児童たちは、新しく知った公民館のひみつに驚いていました。


次は、授業ではなく、公民館に遊びに来てくださいね。(ta)

2018年6月12日火曜日

健康を考える日

地域の皆さんの健康づくりの推進のために「市之倉健康ひろば」を開催。幅広い年代の方が楽しみながら健康について学びました。


測定コーナーでは、血管年齢・骨密度・体組成計を測定。結果を見て皆さん一喜一憂です。










地域講師がリズム体操を指導。人気歌手の曲に合わせて楽しく体を動かしました。









野菜料理の試食コーナーでは、食生活改善推進員協議会市之倉支部の皆さんが人参ゼリーを作ってくださり、美味しくいただきました。











多治見市のTGK48、市之倉公民館から誕生しましたIBC24のステージも見逃せません。


2つのグループが若さを競い合いました。












市之倉公民館では、「100人で歌うなつかしの歌のつどい」という講座から70代~80代の受講者がIBC24というグループを自発的に発足させ活動をしています。


名前の由来IBCとは市之倉(I)ばっちゃん(B)コーラス隊(C)の頭文字を取りました。


市之倉地区では、高齢者世代の比重が増してきております。


高齢者が健康でいきいきと暮らし、社会の中で一定の役割を担っていくことは幸せなことですね。


元気溌剌なステージに笑顔をいただきました。(^_-)-☆ T

2018年6月7日木曜日

あこがれの押し花でポストカード


梅雨に入ろうかという6月初旬、「あこがれの押し花でポストカード」の講座を開きました。
 
押し花というと、皆さん子どもの頃に一度は体験してみたことがあるのではないでしょうか。
野に咲く花を摘んで帰っては、分厚い電話帳の間に差し入れて、作った覚えがあります。
 
今回は、小畑先生が押し花を作って持ってきてくださいましたので、
それを使っての作品作りになりました。
 
色とりどりの押し花が可愛らしいです。

 
 
まずは先生のデモンストレーションです。
 
 
 
さあ、押し花を選びましょう。

 
どの花にするか、迷ってしまいますね。


小畑先生が丁寧に教えてくださいます。



選んだ花や葉っぱを専用のポストカードの上にデザインしていきます。
 

 
薄い和紙を被せ、上から押し花用レジンを塗ると・・・



↑ このように、ボヤけていた押し花がくっきりと浮き出してきます。
 

すべての押し花にレジンを塗るのではなく、
一部の花を浮きだたせるのがコツだそうです。
 
濃淡が出ることによって、とてもおしゃれになりました。
 
できあがった受講者さまの作品です。
 

 
素晴らしい作品ですね。
 
ポストカードとはいえ、額縁に飾れば、1枚の絵画のようです。
 



 
最後にティータイムがありました。
 
みなさんの作品をそれぞれ見せ合いながら、
感想をいただきました。
 
楽しく作品作りができたようで、大満足のご様子です。
 
ご受講いただきまして、ありがとうございました。(S)
 
 
 


2018年5月21日月曜日

水墨書画の世界へ

市之倉公民館 5月のギャラリー愛では、当公民館で書道の指導にあたる戸松陽春先生による水墨書画を展示しています。



 
 

もともと、書道の大家である戸松陽春先生が、水墨画にも魅せられ、趣味で描かれた作品を展示しています。









水墨画は、墨の黒一色で表現される絵画ですが、墨の濃淡、ぼかし、かすれ、にじみ、グラデーション、筆を運ぶときの勢いの強弱などを駆使し、簡素でありながら繊細な描写が可能な絵画です。











すべてを描くのではなく無駄をそぎ落として描かれる水墨画は、自然や人生の深さ、哀歓、わび・さび、静寂、素朴さが伝わり、見る者の心を強くとらえます。




 
 

水墨画の中に色を添えているのが、戸松先生の“書”です。日本人の持つ謙虚さや和の心にも通じる水墨画をぜひご覧になってください。

2018年5月20日日曜日

市之倉公民館の図書には魅力がいっぱい!


市之倉公民館では、毎月図書や雑誌を購入し、皆さまに貸し出しをしています。
 
 
おひとり様、五冊まで、期間は二週間となっています。
 
よく読まれている話題本、エッセイなど豊富な取り揃えです。
 
 
図書コーナーでは、新しく入荷した図書の案内と、
平成29年度のベストリーダーのランキングの発表をしています。
 


ではでは、ランキングを発表します!!
 
1位  九十歳。何がめでたい。   佐藤 愛子
2位  アキラとあきら         池井戸 潤
3位  素敵な日本人        東野 圭吾
                   4位  蜜蜂と遠雷           恩田 陸
5位  騎士団長殺し 第1・2   村上 春樹
6位  桜風堂物語          村山 早紀
7位  考えない台所         高木 ゑみ
7位  陸王              池井戸 潤
7位  我らがパラダイス      林 真理子
10位 かがみの孤城        辻村 深月
10位 満月の泥枕          道尾 秀介
    10位 コンビニ人間          村田 沙耶香
 
昨年度よく読まれた本は、やはり書店で平積みされて並んでいたものが、上位を占めました。
 
皆さまの図書選びの参考にしていただければ、幸いです。
 
そして、図書の取り揃えは、書籍だけではありません。
 
なんと、雑誌もあります!!
 

今年度から、サンキュ!と天然生活が加わりました。
 
日々の生活に、癒しや潤いを与える情報が、たくさん詰まっている雑誌です。
 
ぜひ、家事や仕事の合間の隙間時間に読んで、ほっこりしてくださいね。
 

そして、もう一つ、声を大にしてお知らせしたいことがあります!!
 
それは、絵本の取り揃えです!!
 
市之倉公民館では、絵本もたくさん、置いてあるのです。
 
市之倉の子どもさんたちは、皆さん、とても本が好きなようです。
たくさん借りていってくれます。


良質な絵本が揃っていますので、大人の方も安心して、
お子さまやお孫さまに勧めてあげてください。
 
読書で楽しい時間をお過ごしください。(S)
 
 




2018年5月17日木曜日

庭にバラが咲き誇り・・・


           今、公民館の庭にバラが満開で皆さんの目を惹いています。

地域の方々のお手入れのご協力により、今年もますますゴージャスなバラたち。
ほんとに見事な咲きっぷり。
 
しかし、足元に目をやると、こんな小さな白い草花が
バラに負けるものかと、懸命に咲いていました。
可憐なやさしさ・・・
 
 
 
そして、玄関を入ると地域の方が趣味で育てている大切な盆栽を
月替わりで持ってきてくださいます。
めずらしい「セッコク」の薄いピンクの花にも心和ませ・・・・・
 
 
 
昨日、花壇にヒマワリの種を植えました。
この種も、地域の方から譲り受け、ありがたいことと感謝しております。
ヒマワリの成長をこれからアップしていきます。
はたしてうまく芽を出してくれますでしょうか?
 
おたのしみに・・・  
                             nm✿